一般社団法人 全国中小建設工事業団体連合会
一般社団法人 全国中小建設工事業団体連合会
TEL.03-5651-7301(代)

会長挨拶

会員サポート体制の充実に邁進

会長 上田 禎昭

 全中連は、中小建設事業者の経営支援を図るとともに健全な発展に寄与することを目的に設立され、会員の皆様とともに中小建設事業者の地位向上と建設技能者の待遇改善を図る事業に鋭意取り組んでいるところでございます。

 世界的に新型コロナウイルス感染症が流行し、現在も一向に終息の気配が見えない状況です。我が国においても日々の生活に対する数々の制約が続いており、ほぼ全ての産業界は横断的に何かしらの影響を受けて、社会的にも経済的にも大きな困難に直面している状況です。  

 この様な現状においても私たち建設事業者は、社会資本整備の担い手、また地域社会の安全・安心の確保を担う守り手として、その事業を通じ国民生活に非常に大きな責任と役割を担っています。「建設業における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」を参考に、事業所内における感染予防対策を持続的に取り組むとともに、これからも地域の期待に応えられる存在であり続けたいと考えています。

 さて昨今の建設業界におきましては上述の新型コロナウイルスの影響の他に、建設キャリアアップシステムの普及推進、技能者の能力評価制度の開始、専門工事企業の施工能力のみえる化への取組み、改正建設業法の施行、一部企業の社員による施工管理関係資格の不正取得への防止対策の公表、また社会資本の老朽化への国土強靭化策など、山積する課題の克服に向けた方向性とともに、新たな課題が見えてきました。改正建設業法の施行、働き方改革、建設キャリアアップシステムの推進、また技能者の能力評価制度などは、技能者や技術者の不足に対する政策が、現在の建設行政の大きな柱のひとつになっていることを如実に現しています。

 また、社会資本の老朽化対策に関しては、現在の我が国の社会資本ストックが昭和30年代から40年代の高度経済成長期に集中的に整備され、経年劣化などによる老朽化が今後急速に進むことが懸念されていることから、戦略的に維持管理・更新することが求められています。

 この様に現在我々の業界は将来を見据えた大きな変革が行われようとしていますが、全中連では全国の幅広い会員の皆様のご期待に添えられるよう、建設キャリアアップシステムの登録申請の支援業務、また全中連トータルサポートプランによる会員事業所の経営安定支援など諸事業を通し、さらなるサポート体制の充実・強化に邁進してゆく所存です。